おすすめグッズ

【レビュー】ビタントニオのヨーグルトメーカーはヨーグルト調理だけじゃない!発酵から低温調理までできる

日本の調理家電ブランド「ビタントニオ」が販売しているヨーグルトメーカー。

「ヨーグルトを簡単に無限増殖したい。」

こんなふうにお考えの方に、ビタントニオのヨーグルトメーカーをおすすめします。

ビタントニオのヨーグルトメーカーの特徴

  • 設定温度25~70℃の幅広い設定
  • 調理時間0.5~99hまで設定
  • 牛乳パックや豆乳パックでそのまま作れるので衛生的

ヨーグルトづくりは雑菌が入らないようにするのが大事。容器で作るほど雑菌に触れる確率が増えます。

しーまん
しーまん

牛乳パックで作れるので雑菌に触れにくく衛生的です。

ビタントニオのヨーグルトメーカーの特徴

ビタントニオのヨーグルトメーカーの特徴は以下。

  • 設定温度25~70℃の幅広い設定
  • 調理時間0.5~99hまで設定
  • 牛乳パックや豆乳パックでそのまま作れるので衛生的

設定温度25~70℃の幅広い設定

ビタントニオヨーグルトメーカーの設定温度は25~70℃1刻みで幅広く設定

プレーンヨーグルトだけではなく、発酵食品から低温調理まで行えます。

メニューと温度の一例

  • プレーンヨーグルト:40℃
  • カスピ海ヨーグルト:27℃
  • ぬか床:25℃
  • サラダチキン:63℃
  • 温泉卵:65℃

1台で数役の役割を持つ万能調理家電です。

調理時間0.5~99hまで設定

ビタントニオヨーグルトメーカーの調理時間は0.5h~99h。1~99hは1h間隔で設定可能。

ヨーグルトの作成は7hで完成しますが、発酵食品の中には90h以上かかるものもあります。

調理時間が長いメニュー一例

  • ぬか床:48~72h
  • シュークルート:48~72h
  • 天然酵母:96h

ビタントニオヨーグルトメーカーがあれば、大抵の発酵食品の調理に対応できます。

牛乳パックや豆乳パックでそのまま作れるので衛生的

ビタントニオヨーグルトメーカーでは牛乳パックだけじゃなく、豆乳パックでもヨーグルトがそのまま作れます。

ヨーグルト作りは殺菌消毒が大事。使う容器が増えると雑菌に触れる可能性が上がります。

しーまん
しーまん

容器が増えると殺菌消毒する手間も増えて面倒くさいです。

牛乳パックや豆乳パックのままで作れるので、雑菌に触れる頻度が減り衛生的です。

【レビュー】ビタントニオヨーグルトメーカーで色々作ってみた

レビューの前に付属品を簡単に紹介

付属品

  • ヨーグルトメーカー本体:1個
  • 専用容器700ml:1個
  • 牛乳パック用カバー:1個
  • スプーン:1個
  • 説明書
  • レシピブック
  • 注意事項

ヨーグルトを作ってみた

【準備するもの】

  • ヨーグルトメーカー
  • 専用スプーン
  • 牛乳パック用カバー
  • 牛乳:1000ml
  • 無糖ヨーグルト(好きなやつ):100ml

公式では牛乳は成分無調整のものを推奨しています。ただ低脂肪乳でも作れる口コミもありました。低脂肪乳で作る場合は自己責任です。

ヨーグルトは2種類以上を混ぜてもOK!

しーまん
しーまん

我が家はブルガリアとビヒダスを混ぜてます。

【前準備】

専用スプーンと牛乳パック用カバーを熱湯消毒しておく。雑菌があるとヨーグルトが腐るため。

この熱湯消毒ですが、専用スプーンが長いので消毒がやりにくい。

しーまん
しーまん

そのために大きな鍋でやるのは水道代がもったいない!

おすすめの方法は、専用スプーンぐらいの長さの水筒などに入れること(写真参照)。水筒じゃなくても、熱湯を入れてもいい耐熱ボトルでもOK!

牛乳パック用カバーは、お湯を並々まで注いでおけば大丈夫。

熱湯消毒は3分以上おこなってください。

煮沸消毒はNG。スプーンやカバーが高温になった鍋に触れると変形してしまうため。

【作る工程】

牛乳を常温に戻し、100ml取り出す。100ml取り出すのは、ヨーグルトを入れると溢れるため。

牛乳を常温に戻すのは、牛乳が冷たすぎると発酵がうまくいかないから。時期によりますが、30分ぐらい常温に置いとくぐらいです。

牛乳のフタを全開にし、熱湯消毒した専用スプーンでヨーグルトを100ml以上入れる。

しーまん
しーまん

ヨーグルト100mlは専用スプーン4杯です。

ヨーグルトは2種類以上混ぜてもOK!我が家はブルガリアとビヒダスのハイブリッドです。

専用スプーンで牛乳とヨーグルトを混ぜてください。底の方からしっかり混ぜましょう。

牛乳パック用カバーを取り付けて、ヨーグルトメーカー本体にセッティング。

操作パネルのAUTO MENUが「プレーン・豆乳ヨーグルト」になっているのを確認し、スタートボタンを押す。

しーまん
しーまん

あとは7時間まつだけ。終了したら音がなります。

終了音がわかりにくいので、スマホのアラームをセッティングしておくと便利。

完成したらちゃんとできてるか確認。そのあと冷蔵庫で保存しましょう。

作ったヨーグルトを種菌にして増殖もできます。

ただしヨーグルト菌は使い回すと弱る。使い回し過ぎるとヨーグルトにならない可能性もあります。
今のところ2回までは使い回しできました。

サラダチキンを作ってみた

このヨーグルトメーカーは設定温度が70℃。低温調理が可能なのです!

しーまん
しーまん

低温調理器は1万円とかするし、低温調理だけしかできません。

ヨーグルトメーカーの方がコスパいいですね!

【準備するもの】

  • ヨーグルトメーカー
  • 専用容器
  • 鶏胸肉:200~300g
  • ジッパー付き保存袋:耐熱温度100℃以上推奨
  • 味付け用調味料:塩麹がおすすめ

ジッパー付き保存袋に鶏胸肉をいれ、好きな味付けをする。空気をしっかり抜いてジッパーを閉じる。

おすすめは塩麹で漬け込んでおくこと。1日つけておくと味が染み込んでいい感じになります。

しーまん
しーまん

塩麹もヨーグルトメーカで作れます!

写真はハニーマスタード風。

専用容器に保存袋にいれた鶏胸肉をいれ、沸騰したお湯を肉が浸かるまで入れる。

フタをしてヨーグルトメーカーにセッティング。温度と時間をセットして、スタートボタンを押す。

  • 設定温度:64℃
  • 設定時間:3時間

終了音が鳴れば完成です。

しーまん
しーまん

軟らかくてジューシーなサラダチキンの完成!

温泉卵を作ってみた

温泉卵を作ろうと思っても、火加減や調理時間が難しいですね。

しーまん
しーまん

固まりすぎたり、生だったりして上手くできない。

ヨーグルトメーカーはたったの30分で、温泉たまごまで作れちゃいます!

専用容器に卵を4個入れる。熱湯を卵が浸かるまで入れる。

ヨーグルトメーカーにセット。設定温度と時間をセットしてスタートボタンを押す。

  • 設定温度:65℃
  • 設定時間:0.5h

終了音が鳴れば完成です。サラダやご飯にのせたら、ウマウマでした。

ビタントニオヨーグルトメーカーのメリット・デメリット

【メッリット】

  • ヨーグルトのブレンドができる
  • 節約になる
  • 低温調理もできてコスパがいい

【デメリット】

  • コンセントが近くに必要
  • 殺菌消毒が大変
  • 終了音がわかりにくい

ビタントニオのヨーグルトメーカーのまとめ

この記事ではビタントニオヨーグルトメーカーについて書いてきました。

ビタントニオの特徴

  • 設定温度25~70℃の幅広い設定
  • 調理時間0.5~99hまで設定
  • 牛乳パックや豆乳パックでそのまま作れるので衛生的

ヨーグルトの作成だけじゃなく、発酵食品や低温調理ができてかなりコスパのいい商品です。

ビタントニオのヨーグルトメーカーを使って、ヨーグルトや低温調理を楽しみましょう!

おすすめの宅配弁当はこちら
おすすめの宅配弁当はこちら